塗り壁左官一筋

  • TOP
  • 塗り壁左官一筋

塗り壁左官一筋

塗り壁左官工事への想い

塗り壁左官工事への想い

私たちの塗り壁左官工事をさかのぼると40年前になります。東京オリンピックが終わった後の高度成長期の建設ブームのころ、左官屋をやっていた叔父の手伝いで塗り壁左官工事を始めたのがきっかけでした。当時、内装は漆喰などの塗り壁が当たり前。クロスは洋間だけという状態でした。最初は、コテを持つこともできず掃除などの雑用ばかりでしたが「始めたからにはしっかりやろう。」という想いで続けました。

2、3年経つと左官工事も一通り覚え、7年後には「一級左官技能士」の資格も取り、私たちの左官工事は日本工学院で表彰され新聞にも載るほどになりました。どんな壁にも対応できる技術を身に付けたそのころから「自分自身の責任を持ってより良い仕事がしたい。」と思うようになりました。そして、左官工事を始めてから10年後の昭和62年に個人業として創業しました。創業当時より私たちの仕事を認めてくれるお客様が多く、さらに様々なお客様をご紹介いただくことができ、今日までやってきております。

左官工事となると目が肥えている「目利き」のお客様が多いため、自分たちの左官工事に対する誇りもあり、決して手を抜くことはできません。なので職人には「左官工事は完成して誰もが見ることができる仕事だから“お客様も自分も納得できる仕事をしなければならない”。」と常に言い続けています。その甲斐あり、寺社工事等の他の左官屋では対応しづらい工事を依頼されるようになりました。

また、職人の教育に関しては、他のリフォーム同様左官業も他人の家に入って生活しながらの工事になることが多いため、マナーには特に気をつけています。おかげ様で今までも仕上がり、マナーともにクレームをいただくことなく行ってくることができております。

現在は、二代目が職人の先頭に立っており、これから皆様のお世話にもなると思います。仕事を覚えようとする若い人が少ない左官業で、次の世代が育つということは非常に嬉しいことです。この左官工事の技術を今後の世代にも伝えていき、お客様に本当にご満足いただける左官工事で一生涯のお付き合いができればと想っております。

外壁リフォーム他社との違い

【クラックの処理】
コーキングだけの処理でなく左官のノウハウでクラックの下地塗り替え補修から始めるので、コーキングのあとも出ず、きれいで丈夫に仕上げます。

完全自社責任で工事します

同じ左官工事をするのに、会社ごとに仕上がりが違うのはなぜでしょうか?左官工事の技術の違いということもありますが、その多くは、左官工事を請けた会社がさらに下請け会社に投げているから起こっています。

下請け会社に投げた左官工事は、お客様ご負担の費用が上がるばかりではなく、お客様のご要望を人を介して伝えることになり、実際に左官工事をする下請け会社にご要望が正確に伝わっていないということが起こります。左官工事は、生きた材料を使うため、お客様からのご要望の理解次第で仕上がりが大きな違いになってきます。また、下請け会社では、その工事に対する責任感が大きく違ってきます。

私たちは、そのような大切な工事を下請会社に任せることはしません。自分たちの目で責任を持って確認ができる「完全自社責任工事」にこだわります。

適正価格で工事します

左官工事を行う前に相見積もりになることもありますが、私たちの見積もりを見て喜んで納得されるお客様が結構いらっしゃいます。材料を大量に仕入れれば、費用を抑えることができますが、5名という少人数の私たちではそれができません。

そこで私たちは、職人の腕で無駄のない仕事をすることによって、お客様にも無駄な負担をかけない適正価格で左官工事を提供しています。左官工事の技術だけではなく、通常は他社に依頼することになる付帯工事を私たち自身で行うことで無駄な人件費を省き、お客様にご納得いただける適正価格で工事をいたします。

お悩みがございましたら今すぐお電話かEメールで!

電話番号
042-735-0052 (担当:大沢)
8:00~18:00まで受付 年中無休

Eメール
info@oosawa-sangyo.com
24時間受付

お問い合わせ

TEL 042-735-0052 
FAX 042-736-5211

[営業時間] 8:00~18:00 [定休日] 日曜日