外壁塗り壁左官工事

  • TOP
  • 外壁塗り壁左官工事

外壁塗り壁左官工事

リシン掻き落とし

リシン掻き落とし

弊社のリシン掻き落としの施工例です。
塗料とは違い撥水性が高く調湿効果のあるリシンは、カビが生えることがなく外壁が汚れづらい自然素材です。
雨や水洗いで汚れを落とすことができます。

リシン掻き落としは3里から7里までの寒水石を使用、酸化黄や灰墨等の自然顔料とセメント、プラスター等を混ぜて10mm程仕上げ塗りをして、水引き具合を見ながら表面を掻き、細かい石目肌に仕上げます。

仕上げ材の厚みがあるため、色持ちが良く、経年が経つほど自然顔料が落ち着いた色合いになってきます。また、仕上げ表面に樹脂層がありませんので、雨水で汚れ・ほこり等が流れ落ち、防水性がありながら通気性が良いため雨後の乾きが早くカビ等も発生しません。そのため、塗装仕上げの建物に比べ倍以上の年月、塗り替えの必要がありません。
吹き付け施工でアクリルリシン吹き付けがありますが、掻き落としリシンとは施工や仕上げ材等異なるものです。

リシンの特長

  • 汚れづらいコンクリート系の素材です。
  • 撥水性が高く雨や水洗いで汚れを落とすことができます。
  • 塗料に比べ持ちが良い完全な自然素材です。

リシン塗り替え

リシン塗り替え

弊社のリシン塗り替えの施工例です。
木部のあく洗いも行い、新築時と同じくらい綺麗になりました。リシン塗り替えで、今お住まいの外壁の風合いはそのままで綺麗にすることができます。

通常、リシンの塗り替えは、技術の必要となるコテは使わずに吹き付け塗装で行います。しかし、私たちは、お客様の今のお住まいの外壁の風合いをいつまでも維持できるように、リシン塗り替えの際もコテを使って行っております。

また、その際の費用も吹き付け塗装の場合と同じくらいの価格で承っておりますので 「今の外壁の風合いでそのまま綺麗にしたい。」とお考えの方はお声掛けください。

また、スタッコなど素材の違う外壁からリシンへ塗り替えることもできますので、今のお住まいの外壁に対するお悩みやご不満がございましたら、お気軽にご相談ください。

施行例

施行例

左の写真のようにリシンをコテにて塗り付けた後に表面を掻き落とすように仕上げていきます。
掻き落とす作業ひとつ取っても熟練の作業が必要になり掻き方ひとつで風合いが変わっていきます。

漆喰

漆喰(しっくい)は、消石灰を主原料とし、これにフノリ・ツノマタなどの膠着(こうちゃく)剤、ひび割れを防ぐため麻などの繊維質を加えて、水で練り上げた塗り壁材です。 防火性が高いので昔は財産を守るため土蔵に使われていました。また、調湿機能がありカビがつきにくいという持続性の高い仕上げ材の一つとして、城郭建築などでも使われ白い漆喰(しっくい)壁が数百年に渡って構造体を保護し続けています。

漆喰

住宅の外壁に漆喰(しっくい)を塗った施工例です。
漆喰(しっくい)は和風モダンの住宅にもぴったり合います。

漆喰

住宅の外壁に漆喰(しっくい)を塗った施工例です。
漆喰(しっくい)は和風モダンの住宅にもぴったり合います。

漆喰(しっくい)の仕上げパターン

扇仕上げ

扇仕上げ
扇形のコテ跡を残し、模様を付けます。

スパニッシュ仕上げ

スパニッシュ仕上げ
コテの後部で、縦、横、斜めに押さえながら模様を付けます。

ヒキズリ仕上げ

ヒキズリ仕上げ
コテの先端で模様を付けます。

ウェーブ仕上げ

ウェーブ仕上げ
30~40cmくらいの長さで同一方向に掃くような感じで2~3度繰り返しながら模様を付けます。

ラフ仕上げ

ラフ仕上げ
塗り付けた面の上に、さらに部分的に塗り材を盛り付け、仕上げに表面をハケ引きします。

コテ波仕上げ

コテ波仕上げ
表面水が引かないうちにステンレスコテでコテ波を残して仕上げます。

模様付け無し仕上げ

模様付け無し仕上げ
表面水が引かないうちに波消しコテで仕上げます。
※多少コテ波が残る場合があります。

姫路城にも使われている表面強化材「レッカノン」

「レッカノン」を使えば、漆喰(しっくい)の風合いをいつまでも綺麗に保つことができます。
弊社では、レッカノンを使い漆喰(しっくい)の耐候性を大幅にアップする施工も行っております。

レッカノンの特長

  • コンクリートや石材の表面を強化し、吸水や劣化を防ぎます。
  • 石質表面の通気性を損なわず、色も質感も変化しません。
  • カビや藻の着床防止効果があります。
  • 塗料や壁装仕上げ材の耐久性を大幅に向上します。
  • 水分や湿気による塗料や壁装仕上げ材のはがれを防ぎます。
  • 断熱、断寒性を向上させます。

国宝「姫路城」での漆喰(しっくい)壁防カビ工事

施工前

施工前
中央の黒変部は「菱の門」屋根からの雨水が集中的に流れ落ちる部分で、漆喰(しっくい)壁に常時滞水し黒カビが発生しました。

施工後

施工後
黒カビ発生部分とその周辺の表層をこすり落とし、レッカノンを十分に塗布させました。

施工11年後

施工11年後
施工11年後、周辺の雨がかかる部分には黒カビの発生が見られますが、施工部位には黒カビの発生が見られません。

ジョリパット

ジョリパット

ジョリパットを使って石を積み重ねたように施工することもできます。

ジョリパットは、色褪せしにくく、色合いや質感を長い間保持できる耐久性をもつので、塗り替え回数が少なくてすむ経済的な素材です。

防藻・防カビ性能が高く、キズがつきにくいのも特長です。また、他の材料で重ね塗りすることもできます。

ジョリパットの仕上げパターン

カラーサンプル

2方向へのカラー展開、明度も5段階と調節できるので豊富なカラーバリエーションをご用意することができます。

ジョリパットの仕上げパターン
ジョリパットの仕上げパターン
ジョリパットの仕上げパターン
ジョリパットの仕上げパターン
ジョリパットの仕上げパターン

仕上げの模様

コテ 横こだち

コテ 横こだち

コテ 掻き落とし

コテ 掻き落とし

ローラー

ローラー

コテ ラフ

コテ ラフ

ジョリパットの仕上げパターン
ジョリパットの仕上げパターン
ジョリパットの仕上げパターン

お問い合わせ

TEL 042-735-0052 
FAX 042-736-5211

[営業時間] 8:00~18:00 [定休日] 日曜日